Groweb! 運営スタッフブログ 

2015年10月02日(金)

アクセス解析の導入メリットについて(後編)

こんにちわ。Groweb開発チームの平尾です。

前回は、建築業のA社様のサイトを例として、
「施工事例ページに改善点があるのではないか」という仮説についてお話させていただきました。

今回は、その仮説について、どのような改善を行ったのか、その対策と結果についてお話させていただきます。

前回のお話で、多くのアクセスが施工事例ページを閲覧している(=顧客ニーズが高い)にもかかわらず、
施工事例ページへの直接流入(検索エンジンなどからの直接訪問)が少ないことから、
該当のページには潜在的な集客力を発揮しきれていないのではないか、という仮説を立てました。

検索エンジンからの流入が少ないということは、該当のページに「検索されやすいキーワード」が少ないことを示していることがあります。
要するに、お客様が「見たいと考えているページ」であるにもかかわらず「お客様が検索エンジンで入力されるキーワード」との不一致が発生しているのです。

上記の観点から施工事例ぺージを確認したところ、施工事例ページはデザイン性を優先した内容となっており、物件のキャッチコピーの他には、施工事例としてお客様の興味をひきやすい「施工地域」「施工内容」「施工のポイント」などの情報が掲載されていないことがわかりました。

このことから、30件以上の施工事例について上記のような追加情報を掲載することをご提案し、ページの対策を行ったところ、施工事例を中心としたアクセス数と成果数に、大きな変化が見られました。

●成果数 : 143%の向上
●施工事例からのアクセス数 : 36%の向上
●サイト全体のページビュー数:63%向上
●サイト全体のアクセス数:62%向上

※実数値ではなく上昇値で記載させていただいています。

また、サイト全体としても検索エンジンからのアクセスが大きく向上しました。

このように、アクセス数値を、サイトの内容と照らし合わせて問題点を抽出し、対策を行うことで、サイト成果を大きく向上できることがあるのです。

次回は「アクセス解析の導入した際の問題点」について、お話させていただきます。

Groweb!のご案内

Groweb! ユーザーログイン