Groweb! 運営スタッフブログ

2015年11月27日(金)

集客を知る2

こんにちは。
KOUSのGroweb!開発チームの上田です。

前回は集客カテゴリーで、チャネル別のアクセス推移を確認しました。
今回は、キャンペーンごとのアクセス推移を確認したいと思います。

まず、キャンペーンとは何か。
GAでは、プロパティにユーザーを送り込んでいる検索エンジン、ソーシャル ネットワーク、広告キャンペーン、その他の参照元をまとめて、キャンペーンとトラフィックと呼びます。
中でも、広告やGAを利用するユーザーが任意で設定したキャンペーンをまとめてみることが出来るのが、
集客カテゴリーのキャンペーンです。

では、左メニュー「集客」から「キャンペーン」の「すべてのキャンペーン」をクリックしてみましょう。

キャンペーン Google Analytics

上記のような表が表示されましたでしょうか?
中には、下図のような何も値のない表が表示された方もいるかもしれません。

キャンペーン Google Analytics2

この違いは何か。
簡単に言えば、広告を出稿しているかどうかです。
GoogleのWEB広告であるGoogleアドワーズに広告を出稿していれば、広告のキャンペーン名が
表に表示され、キャンペーン別のアクセスを確認できます。
しかし、広告を出稿していなければ、何も値のない表示なります。

また、Yahoo!プロモーション広告をはじめ、Googleアドワーズ以外にもWEB広告はいろいろあります。
そういった広告のキャンペーン別のアクセス推移もここで確認できるのですが、Googleアドワーズ以外の広告の場合
少し設定が必要です。
広告に設定するリンクを、GoogleのURL生成ツールで作成したURLを設定します。
URL生成ツールに関しては、下記URLを参照してください。

https://support.google.com/analytics/answer/1033867?hl=ja

逆に、せっかくWEB広告を出稿しているのに、URL生成ツールを使用していなければ、広告の効果をGAで確認できません。
広告を出されている方は、ぜひ設定してくださいね。
また、これを応用すれば、例えばセミナーや展示会で配布した販促品につけたQRコードからのアクセスなども計測することが可能です。

広告を出稿している人は、左メニュー「集客」カテゴリー「キャンペーン」の「検索広告キーワード」をクリックしてみましょう。
ここでは、検索広告でクリックされた際に、どのようなキーワードに反応したのかが確認できます。

次に「オーガニック検索」を見てみましょう。
ここは、広告を出稿していないユーザーでも値が表示されます。
オーガニック検索とは、Google検索、Yahoo!検索やBingのような検索エンジンで、検索を行ったユーザーが流入してきた際に、
どのようなキーワードで流入してきたかが確認出来ます。

オーガニック検索トラフィック Google Analytics4

しかし、ここで1番目の(not provided)に注目してください。
検索流入の53.96%を占めるこの(not provided)とは?
検索で流入してきているが、内容が不明なキーワードです。
これは、Google検索やYahoo!検索が暗号化されたため、検索されたキーワードが不明になってしまうためにおきます。
近年流入キーワードのnot providedが占める割合が増えており、以前ほど流入キーワードの重要度が高くなくなっていますが、
まだまだ集客を見極める大事な指標であることには変わりはありません。

ぜひ一度確認してみてください。

次回は、広告との連携について解説したいと思います。
それでは、上田でした。

開催日時 1970年01月01日(木) 
開催場所

Groweb!のご案内

Groweb! ユーザーログイン