Groweb! 運営スタッフブログ 

2016年02月12日(金)

広告の活用方法について

こんにちわ。Groweb開発チームの平尾です。

今回は「広告での集客方法」について、お話させていただきたいと思います。

自社のホームページにアクセスを集めるためには、
お客様が求めている情報を適切に公開すること、ソーシャルネットワーク(SNS)からアクセスを集める方法など、
様々な運営方法が考えられますが、中でも即効性が高い集客方法が、いわゆる「ネット広告」への出稿です。

ネット広告は初期コストが必要ではありますが、
サーチエンジンの広告の多くは「クリック単価(1回広告がクリックされたら課金される)」方式となっているため、
予算に応じて、確実にある程度の集客を見込むことができます。

現在、GoogleやYahoo!などで出稿できる広告の種類には、下記のようなものがあります。

(1)リスティング広告

サーチエンジンの検索キーワードと関連して、検索結果の上部などに広告を表示できるサービスです。
必要な予算が多くなる傾向がありますが、
アクセス者が能動的に「検索」というアクションを起こしたタイミングで表示されるため、
見込み角度の高いお客様を集めやすい方法と言えます。

(2)ディスプレイ広告

ニュースサイトや外部のブログなどに、バナー形式の広告を配信できるサービスです。
リスティング広告に比べれば必要予算は低くなる傾向にありますが、
アクセス者が検索などの能動的なアクションを起こしていないタイミングで表示されるため、
実際の成果に結びつくまでは、やや長期的なスパンでの出稿が必要となります。

上記のほかにも、アフィリエイト広告や、SNS広告、Youtubeのムービー広告など
様々な種類の広告サービスが存在しています。

これらは、もちろん「ただお金をかけて広告を出せば良い」というものではなく、
どのような広告がユーザーに響くのか、角度の高いお客様が訪れる内容はどのようなものか、
各広告への予算配分は適正か…(ネット広告あ、広告ごとに予算を決めることができます)など、
出稿した広告の動きを確認しながら、細かい調整が必要になってきます。

また、広告をどのように出稿・調整すれば良いのかは、
どのような集客を行うかで、戦略が変化します。

まずは「ターゲットユーザー」を想定してから、、
どこのサービスで、どのような形式の広告を出すのかを選ぶことが、
大きなポイントとなるではないかと思います。

Groweb!のご案内

Groweb! ユーザーログイン