スタッフブログSTAFF BLOG

2016.02.26

ユーザーの行動からサイトを改善について

こんにちわ。Groweb開発チームの平尾です。
今回は「ユーザーの行動からサイトを改善」について、お話させていただきたいと思います。
Google Analytics上で、わかりやすくユーザーの行動を確認する方法に、
「ユーザーフロー」の解析画面があります。
これは、地域や流入元別など、多くの解析条件で、
該当するユーザーがどのようにサイト内を移動したかをビジュアルで確認できる解析画面です。
※解析例
フロー図の左上のセレクトボックスから「メディア」を選択して、どこから訪れたアクセスが、どのようにサイト内を移動したのかを表示してみます。
一番左側の白いブロックは、どこからの流入かを示しています。
流入元はアルファベットで記載されていますが、
大きく、下記のような情報を示しています。
・organic → 検索エンジンからの検索流入
・referral → 参照サイトからのり流入
・none → ブックマークなどの直接流入、流入元情報なし
・CPC → 検索広告からの流入
・display → YDNなどのディスプレイ広告からの流入
これらの情報から、サイトについての問題点を仮説することが可能ですが、
中でも、注目しやすい問題点は「organicからの流入」、
すなわち検索エンジンからの流入傾向です。
フロー解析で確認を行うと、
検索エンジンからの流入が、どのコンテンツに集中しやすかをすぐに把握することが可能です。
検索エンジンからの流入数が多いコンテンツは、閲覧者のニーズが高いと考えられ、
特に詳細な解析を行い、問題点があれば優先して対策すべき部分といえます。
逆に、サイトの重要コンテンツに検索エンジンからの流入がつながっていない場合は、
重要コンテンツのSEOが効いていない、または該当コンテンツへの導線がわかりにくい、などの問題がある可能性があります。
フロー解析を見れば、サイトの全体的な問題点に注目することができます。
詳細解析と使い分けながら、定期的に確認するようにしましょう。